沿革

  • 昭和31年 9月
    資本金2,000万円全額雄別炭礦鉄道(株)の出資により設立
  • 昭和31年11月
    釧路市に工場を開設、操業開始
  • 昭和33年 4月
    資本金5,000万円に増資
  • 建設中の工場

    羽幌炭鉱鉄道キハ1001

  • 昭和35年 3月
    建設業登録
  • 昭和36年 1月
    札幌営業所開設
  • 昭和39年12月
    北海道鉄骨橋梁(株)の施設を譲り受け小樽工場を開設
  • 小樽工場開設

    菊水横断歩道橋

  • 昭和40年 7月
    資本金を1億円に増資
  • 昭和49年12月
    札幌市に本店移転
  • 平成10年 8月
    釧路工場(現本社)橋梁部門にてISO9001認証取得
  • 平成16年 3月
    小樽工場を廃止
  • 平成20年 4月
    釧路工場を本社工場と改称
  • 平成23年 8月
    釧路市に本店移転

番の洲高架橋

五十石橋

コメントは受け付けていません。